スマホ代に5000円以上払っているあなたに朗報です!

登録いただいたメールアドレスにダウンロードリンクが届きます。

突然ですが質問です。あなたの月々のスマホ代はいくらですか?

もし分からなければ、ぜひ請求書や案内メールを見てください。

もしも月5000円以上スマホ代を支払っているのでしたら、この先を読み進めてください。

また、月々のデータ利用量が20GB以下の場合でも、読んでいただければよりお得なご提案ができます。

あなたがもし当てはまるならぜひ続きをご覧ください。

あるご家庭では4人家族で、スマホ代に月に28,000円、年間336,000円払いつづけていました。

それが6年前に通信会社を変えただけで、月に約16,700円、年間約200,000円節約できました。

つまり、6年間で1,200,000円の節約に成功したのです。

そして、この先のご提案は、この事例をさらに上回る破格のご提案です。

変更先の通信会社は、いわゆる格安SIMを提供している会社です。

総務省による「2年縛り」に規制がかかる、というニュースが発表されたときにクローズアップされたので、格安SIMについてはご存じの方も多いでしょう。

docomoやau、SoftBankの通信回線を借りて、安い仕組みで音声通話・インターネット通信を提供している会社です。

今や格安SIMを提供する会社は百花繚乱。様々な会社が出しています。

料金プランも会社の数だけある状態です。

一方で、あなたはご自分の月々のデータ利用量がどのくらいかご存じですか?

MM総研の資料によると、なんとデータ利用3GB以下のユーザーが約60%なのだそうです。

20GB以上使う人は、約6%未満、ごく少数なのです。

しかし、格安SIMの料金プランとデータ利用量についてよく見ると

データの利用できる量が20GBと大きい数字になっている会社があります。

つまり、ほとんどの人のデータ利用量は3GB以下なのに20GBのデータ利用量分の料金を払わせる仕組みになっているのです。

少ないデータ利用量なのに、20G分のデータ利用料金を支払っている状況。

あなたはどう思いますか?

あなたの月間データ利用量が3GB以下であれば、これからは1628円以上支払う必要はありません。

しかも、最初の5分間の通話は無料です。

それを叶えてくれるのが
X-mobile社のシン・プラン
なのです。

メインキャラクターは、氷川きよしさん。

メリット
デメリット
手引書の内容について

要点を解説した動画を用意しています。

手引書には、各キャリアの手続きサイトへのリンクや申し込み手続き用のリンクが埋め込んでありますのでタップ/クリックするだけ。

新しいSIMカードが届いてからの手順も解説してあります。

スマホやタブレット、PCで手引書どおりに進めていただければ、誰でも乗り換えができます。

ビッグなプレゼント

X-mobileの正規代理店である有限会社タートルシステムから、X-mobileに乗り換えていただいた方だけにビッグな特典があります。

それは、X-mobile社の代理店のパートナー権です。

有限会社タートルシステムがX-mobile社から正規代理店としていただくインセンティブを獲得回線数に応じてシェアする権利です。

詳細については、ダウンロードの際に登録いただいたメールアドレスにお知らせいたします。

ところで、あなたが多めに払った費用はどこへ行くか、考えたことはありますか?

実は携帯電話会社の莫大な利益になっているのはもちろん、毎月20GB以上使うヘビーユーザーや企業が快適に通信するための設備投資に使われています。

つまり、

ヘビーユーザーが使う設備の費用をあなたが負担している、ということです。

あなたはそんなお金の流れに納得できますか。

もしも納得いかないのであれば、

今すぐにあなたが払っても良い料金プランを提供する会社に切り替えましょう。

そして、差額はあなたやご家族のために使うことをお勧めします。

よくある質問

Q.まだ機種代を支払っています。機種代の一括払いが出来ません・・・。

A.機種代を支払い中の方は、支払いを継続することができます。一括払いする必要はありません。

Q.電話番号は変えたくないからMNP(電話番号の引っ越しサービス)で切り替えたいけど、事務手数料がかかりますよね?

A.MNPにかかる費用は、202141日より無料となりました。

Q.現在2年縛りで、更新月はまだ何か月も先です。切替をしたら違約金が請求されるのでは?

A.2年縛りの解約手数料(違約金)は、無料または1100円に変わっています。ただし古い契約で継続されている場合、10450円の請求があります。詳しくは現在ご利用されているキャリアで契約内容をご確認ください。