ダイエット効果【睡眠編】

ダイエット効果【睡眠編】

83Kgから75Kgまで8Kg減量できただけで・・・?


1年ほど前から「いびき」が指摘されていたので、スマホアプリを探してモニターしていました。

数年前にはスリープトラッカーと呼ばれる腕時計型の目覚ましも兼ねたデバイスで観察していましたが、パソコンで集計するのが面倒で放置していました。

昨年からは健康リストバンド(World社のHELO LXシリーズ)に出会い愛用しています。

そして今回のダイエットで、なんと、睡眠が激変しました。

9月9日にダイエットを決断をする前に比べて、1ヶ月半かけて体重が-8Kg減る過程で激変しました。


いびきが激減


いびきモニターアプリに残る記録が、時事刻々軽減していきました。

スコアの値を見ていただいても、グラフを見ていただいても、その変化がわかります。

9月11日

10月3日

10月13日

※いびきの量が減ったということで、いびきをかかない日がなくなったという意味ではありません。


眠りの深さが安定


健康リストバンドの眠りの記録の変化が歴然。

9月11日

睡眠が分散されています。

10月3日

集中して寝ている様子がわかります。

10月13日

Deep Sleep時間は、状況に寄らず1時間30分から1時間50分くらいです。


考察


睡眠の専門家の山本さんに出会い、改めて自分の睡眠の記録を見てみてびっくり。

「体重を減らすこと」+「体脂肪率を下げること」しか意識がなかったのです。

まさか、睡眠にこんな変化があるとは思いませんでした。

いびきが減った認識はあったのですが、時系列に日を追うごとに改善していることに驚きました。

いびきが体格と関係があるという話は聞きますが、どうやら体重が減った以上に下記のような効果があったものと思われます。

Dr.マットのセミナー記録を見直してみると

「プチ断食」の効果として、内臓を休める時間が長く取れること、インスリンがあがらないことから脳が休まること、2週間継続した頃から脳のBDNF(脳由来栄養因子)の増加により、成長ホルモンが急激に伸びて、睡眠状態がよくなる

とのこと。

前回のダイエットで、ただ体重を減らしたときにはこのような劇的な変化がなかったのに、今回は睡眠にまで驚くような変化があったことになります。

バターコーヒーで集中力が上がっただけでなく、脳疲労が減ったことも合わせて元気になったということでしょう。

脳疲労が減ると体重が減るという話もあり、相乗効果があったのかも知れません。


新たな発見


睡眠を妨げることの1つに音ストレスがあります。

となりでいびきをかかれると眠りが浅くなるのはわかりますね。

(ごめんなさい)

ところで、台風の日は風が強く雨戸が戸袋のなかで大きな音を立てるのですが、この時いびきが大きくなります。

2回の台風の日の記録が同じ傾向を示していました。

目覚めてはいないのですが、眠りが浅くなっているのでしょう。

雨戸の音と共にいびきが記録されていました。

音があると、眠りが浅くなる

本人も、一緒に寝ている人も。

超迷惑!!!

ダイエット効果だけでなく、いびきも軽減できる「プチ断食」すごくないですか?

是非、体験セミナーに参加してみてください。

「がっつり・ダイエットコース」はこちら

(個人差があるということはご承知おきください)

Comments are closed